庄原タグ゙ラグビー教室スポーツ少年団(庄原ワイルドボアーズ)

・設立年:2014年(平成26年)

・代表者:上貝 一文(西本町)

・監 督:岸 源己 コーチ 梶田 紀文 加藤 高史(春田町)

・最高成績:全国小学生タグラグビー選手権広島県大会優勝(5連覇中)

      同 中国ブロック大会準優勝(2018年中国地区代表選出)

      同 全国決勝大会 ベスト14(2018年石塚賞受賞)

・練習日時:火・金 18:30~20:30

・練習場所:庄原市スポーツ広場又は総合体育館

・加入資格:庄原市内の小学生(未就学児は、指導者の判断による)

・部 費:入団費 1,500円(スポーツ保険含む) 月額 1,000円

・活動モットー:「我ら庄原のイノシシのごとく。意志あるところに道は開ける。恐れれば道は無し。まだ見ぬ高みへ。走れ!志士達。前進あるのみ。」

・コメント

 庄原タグラグビー教室スポーツ少年団「庄原ワイルドボアーズ」は小学生20名で活動しています。チーム名のワイルドは「野生」ボアーは「猪」を意味します。

 野山を駆け回り、道なき道を自らの力で切り開いていく猪のように、チーム一丸となって勝利を目指し、全国小学生タグラグビー選手権大会で躍動し、東京で開催される全国決勝大会進出を目標に、全員全力で走り込んでいます。とてもマイナーなスポーツですが、とても楽しいスポーツです。体験入部もできます。興味のある方は是非お越しください。

・連絡先:0824-74-0829(岸自宅)     

     kishi_rugby@yahoo.co.jp(岸PCアドレス)

 

・最新情報

 2020年12月6日(日)に広島市西区観音の県営ラグビー場で開催された広島県大会で、庄原ワイルドボアーズは、予選リーグ1位で決勝トーナメントに進み、決勝まで勝ち上がりました。

 決勝戦では、予選リーグで引き分けていた広島ラグビースクールと対戦しました。

 

 前半2点リードしたのですが、後半追いつかれ、同点のままフルタイム。

大会規定で、3分ー1分―3分の延長戦に突入し、両者一歩も引かない一進一退の攻防を繰り広げましたが、延長戦でも活着がつかず、スコア9-9の引き分けで、両チーム優勝という結果になりました。

 

 今年度は、コロナ禍のため、中国大会、全国大会は中止ですので、上の大会はありませんが、2014年に東小学校が優勝してから、7年連続 庄原勢として県大会を優勝しましたので報告いたします。

 

おめでとう! あっぱれ‼ あっぱれ‼